2012/09/10

安野光雅の芯ホルダー

昨日の日曜美術館は面白かった。 特集は、安野光雅画伯。(司馬翁風)
もうずいぶんと、おじいちゃんになっていた。談志師匠も死んだしイッセーさんも休む。だから絵を描いている映像だけで、しあわせだ。ありがたい。

さて、お題の芯ホルダー。
映像は、画伯が故郷津和野の郊外を歩き、お気に入りのポイントでスケッチをしているところから。お歳は召してもいつものイスに変わらぬ体型でどしりとすわり、スケッチブックをお腹においている姿が絵になってしまっている。
すると画面が手元に切り替わるのだが、右手にあるのがいつもの青いマルステクニコでは無い。なんと、三菱ユニホルダーを使ってらっしゃる。
「おっ!」という声は自分。

この記事で、安野光雅の記憶にからめてステッドラーの芯ホルダーの事を書いたのだけど、実際にはこのあとにも色々試したところ(誰でも通る芯ホルダーの迷宮)、最終的に、三菱ユニホルダー2Bに落ち着いた。今ではペン以外の筆記具には、ほとんどユニホルダー2Bを使う。その後、鉛筆系の筆記具は買ってないから、"足りた"んだろう。
理由は、手に持った具合がいいとしか言えない。三菱鉛筆の秋岡房夫色(臙脂に近いあの色は秋岡オリジナル)は鉛筆こそが完成形で、芯ホルダーにはちょっと、と思ったが、今は好きになった。キャップはHB(黒)、B(赤)、2B(オレンジ)、4B(ピンク)と色分けされ、お尻に硬度が刻印されてて見やすい。500円。

「万能」という言葉があるけど、絵も落書きも下書きもメモもなにもこれ。 自分がただ勝手にこれ一本で済ませているだけなんだけど、もう何年も何も考えず使ってきた。この何も考えなくさせるところが凄いのだ、と言ってしまおう。 安野光雅がユニホルダーを使ってるという映像だけで「おっ!」と思ったのは、すでに自分はユニホルダーを使ってるということに無自覚だったからだ。 安野光雅という人の声や言葉や歩き方、体型から佇まい、それと画材らが、作品そのものを離れてひとつのパッケージとして強いものがあると思う。だから、マルステクニコが手になかったただけで、あの色が手にあっただけで、あわてて普段使いのこのユニホルダーを再評価してみた。

番組はこのあと、Gペンによる丁寧なペン入れ(ドローイングインクは360GREY?)、そして観ているだけで楽しい彩色(面相筆の穂先から紙へと絵具が乗り山となって行く様子)と、地デジの恩恵である拡大高画質たっぷり映像で大満足でした。日曜美術館さんは、描いている映像大盛りでお願いします。

昨年(2011.06.05)放送の保田春彦の回、紙を彫るように自画像をえぐり出していたときの画材がユニボールシグノ太字だとわかり、一年と少しで30本近く替え芯を消費。顔料の黒がたっぷりでて、大好きになりました。

日曜美術館 『画家 安野光雅「雲中一雁」の旅』2012年9月9日放送(再放送:9月16日)
http://www.nhk.or.jp/nichibi/weekly/2012/0909/index.html

Image198_1_6

Image207_5

Image213_3


| | コメント (0)

2007/10/08

2008

2008年がひたひたと。 実は仕事では書類で'08年の数字が出てきてはいるのだが、実感は無かった。 が、来年の『ほぼ日手帳2008』が届いてみればさすがに焦る。 それはそれとして。 今年のカバーは明るいモノに(写真)。 革カバーの汚れは味なのだが、ナイロンのそれはあまり好きではないのでいつも暗めの色にしていたのだが、今年はツートンが用意されたのでダークブルー&シルバー。 なかなか良いです。 さて、今の時期の去年の手帳を見返すと、2006年10月9日の頁に「11:30 北朝鮮核実験を実施」などと書いてある。 先日の(米中向け)南北首脳会談のまさに"核"となる威嚇がこの日に起きたのだなぁ。 来年の今頃は誰が日本の首相になっているのだろうか。 読めない・・・。 個人的には色々ある一年だが、10月の今ではあまり手帳に書き込む気分では無い。 忌みごとの多い一年でした、と年末抑うつ。

2008_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

芯ホルダー

前回に続いて、筆記具のお話。  小学生の頃から、行きつけの文房具店の二階にある画材・製図用品売り場が好きだった。 値の張るモノを眺めて愉しんでいた。 芯ホルダーもその一つ。 シャープペンシル派だった自分には実際不要ではあったけど、心の片隅で物欲を刺激していたのだ。

さて、自分が芯ホルダー(写真上)、ステッドラー マルス テクニコ780-C を買ったのは、もう随分と前になる。 敬愛する安野光雅画伯が、『NHK教育:趣味百科「風景画を描く」』や、『NHK:原画で綴る"街道をゆく"~安野光雅~「本郷界隈~濃尾参州記」(平成10年10月7日放送)』で、あの大きな画板に青い芯ホルダーでスケッチしていたのを見てから。 んで、さっそく文房具店二階で、芯ホルダーの定番780を購入したのだ。 ああ、ミーハーなり物欲魂。 しかし手に取ってみると、やはり名器だけあり具合がいい。 鉛筆よりも適度に重さがあり、芯だけを芯研器で研げばよい。 なにより2mmという芯の太さがシャープペンシルには無い味がある。 自分は2Bの芯で鉛筆代わりに"書いたり""描いたり"していた。 STAEDTLERの芯はやや硬め。 uniの芯替えて使っている。 なんといってもこの青い軸は気分を乗せる。 結構重要だよね。(ちなみにネットで調べると、安野光雅氏のモノは Mars-Technico 782 で、今は廃番らしい。 実際に映像と見比べてもそのようだった。) 

それで昨年、新しいモノ好きの自分は二本目の芯ホルダーを手に入れる。 日本ステッドラーが発売した 925 25-20 (写真下)。 何よりコイツの売りは、芯ホルダーなのにノック式であるということ。 シャープペンシルの感覚なのだ。 780-Cと違い、硬質なシルバーボディが美しい。 絶妙の重量バランスで、持ったらそのままベストポジション。 グリップもしっかり効いていて抜群。 嬉々として愛用していた。 しかし、不満も少々。 これ、重いのだ。 自分の筆記具で一番重いかもしれないこの925は、手にとってそのまま描き続けるとなんだかどうも指先と拇指球が疲れるのだ。 たぶん、芯とボディの重量の配分が、自分の意識の中でズレて合わないのだと思う。 慣れれば問題無いと思うが、その前に 0.9mm芯のGRAPHLET に出会ってしまうのだ。 ペン自体の重さと芯の太さのバランスが自分にベストマッチしたのだ。 この一本のおかげで、シャープペンシルと鉛筆と芯ホルダーの座を奪い取ってしまった形になった。 しかし、芯ホルダーは、独自の個性を持つ。 もちろん今でもその独特の書き心地で、手を伸ばしている。

steadtler

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/22

定番文具

紙媒体が少なくなったとはいえ、一番使うのはボールペンである。 その黒色の色味・インクの粘度・グリップの書き心地から、ZEBRA の 『ジムノック』 を'96年頃から10年近く愛用している。 どこでも容易に入手できるがインクが切れたら芯だけ替えて、すでに数十本のインク切れ替え芯が転がっている。 このラバーグリップの曲線が、どうにも自分にピッタリなのだ。 これはあのDr.グリップも適わない、最強の事務用ボールペンである。 その使い心地から、シャープペンシルもジムノックの姉妹品である『ジムメカ』 で統一してある。 安いので、芯の硬度ごとに軸色を変えてあるほどだ。 学生時代から考えてみても、通算して一番長く愛用しているシャープペンシルとなった。 最近、ここで紹介した GRAPHLET 0.9mm にその座を脅かされているが。 それぞれのペン自体に対する愛着は薄いが(長年使用していても消耗品。壊れれば新しいのを買えるので)、このシリーズは自分の中では定番の文房具である。 いつの間にやら仲間も増えてしまった。(写真)  カテゴリに「文房具・画材」を追加。 このカテゴリは色々ネタがあるなぁ。 古い文具とか、他の定番文具とか、三菱鉛筆「BOXY」シリーズとか、筆入れの中身とか。

JIM左三本は自宅卓用ジムメカ。 左の青軸から順に、HB、2B、4B。

右下三本は事務仕事用。 上から、黒、赤のジムノック、2Bのジムメカ。

右上三本はストック。 上が最古のジムノック、真ん中は新品、下は新品のジムメカ・ケア。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/15

ぼくの好きな先生

年賀状は版画だ。 始めたのは高校1年生からだ。 何年かブランクがあったが、毎年やっている。 たいして上手くはないが、愉しい。 アイディアを出すのは面倒だが、下絵を写すのと、彫るのと、刷るのと。 その作業が愉しい。 そして自作の落款を押して満足。 影響を受けたのは中学時代の美術の先生だ。
爺さんの先生でとてつもない頑固。 学級委員長だった俺は、美術の授業でうるさくなると1Mの直尺で何度も殴られた。(今の時代じゃ訴えられるナ) 担任になった事は一度もなかったが、そのクラスでは昼食は無言。 曰く「おまんまは遊びじゃねェんだ!」との事。 軍隊だ。

割と美術は得意で好きで、見せしめで怒られる事は1年生から続いたが、それでも先生は自分をかなり買ってくれていた。 卒業してから随分経って聞いた話。 1学期毎の個人連絡帳の表紙は、当時、自分のポップアートもどきのカンバスだった。 先生はウチの担任の机からオイラの連絡帳を抜き取り眺めてたという。 美術室の奥に、我々から「巣」と云われている専用の個室があった。 進学の際にその個室に呼ばれ、有名な美術教師のいる隣市の高校への推薦の話もしてくれた。

先生は版画家であった。 市内の小さな場所で個展などをひらいたりもしていた。 多色刷りの板目木版でモチーフは市内の風景だったが、色合いの妙とエッジの効いた線と柔らかい線が絶妙でとてもカッコイイ若々しい作品で、俺は見惚れていた。授業で教わった単色木版画インクは、ターナーの黒と墨汁とヤマト糊を混ぜたもの。 授業では大きな判だったので、彫刻刀を使っていたが、年賀状の大きさで細かいモノを彫る時に、主線を丸刀や三角刀を使わずに、切り出し(自分はずっとOLFAのアートナイフを使用)を多く使うのも先生の影響だ。(棟方志功先生のようにガリガリやるのも、いつかやってみたいな)

先生は、今から数年前前に亡くなった。 意外に多くの同級生が集まった。 作務衣を着て、当時、我々の前では決してみせなかった溢れ出るような笑顔の遺影であった。 RCの名曲 『ぼくの好きな先生』 を聞くと想い出す。
今年もまた、彫り始めている。

nengajo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/11/05

手帳

昨日、「ほぼ日手帳2006」 が届いた(写真右下。カバーは黒)♪  『ほぼ日刊イトイ新聞』を読んでいたのがきっかけで、初代の2003年版から使い続けているが、非常に具合が良い。 それまでは『日本法令 HOREIポケットブレーン2』 を長年愛用していた。  一番重要視する、「見開き月刊予定表」がほぼ日手帳では同じ形式なのに文庫本サイズと大きく書き易く、一週間が見開き二頁だったHOREIに対して、ほぼ日手帳は一日一頁で沢山の文章が書けて日記の代わりにもなる(写真左下)。  写真にあるように、付属のペン表裏のカバーのタブを串刺しにして手帳を閉じる方式で(写真左上)、ポケットが豊富でしおりが付いている(写真右上)。  カバーは自分が暗めの色が好きなのだが、多彩な色が用意されており、革の手帳カバーも選択可能だ。  ただ惜しむらくは、ボールペン。  毎年、ユーザーの意見を取り入れて様々な改良をしていくほぼ日手帳だが、自分が一番好きなボールペンは写真左下にある2005年も使い続けている2004年版なのだ。  これは、ぺんてるの「ハイブリッド・テクニカ」のゲルインク砲弾型ペン先を油性ニードル型ペン先に変更した特別仕様。  以降、'05、'06の新しい付属ボールペンを試したがやはり劣るのだ。  そしてボールペンの芯はもう発売されていない(通常版は替え芯が買えるが)。嗚呼、文具フェチの悲哀。  ま、そういう点はあるものの、様々な機能を持ちながら遊び心があふれていて、いま市販されている手帳の中では一番の太鼓判を押していいと思う。  興味がある方は、「ほぼ日手帳2006」の 解説ページ を覗いてみて欲しい。 写真が暗めなので、カラフルな手帳は Janさん のお勧め手帳をご覧あれ。 カラフルで見ていても楽しいです。

Pocketbook      head_photo      

←ほら、こんなにカラフル。 左の写真はカメラと色選びと性格のセイで暗いですが。

| | コメント (4) | トラックバック (4)

2005/08/27

消しゴム

ブログってのは普段の日常の何気ない事を軽く書けば良い、のが良い点の一つ。 でも、自分はなんかネタがあって文章を書きたいタイプ。 で、仕事の事とかはあんまり書きたくないし、武術の事は別のHPで公式管理人もしてる。 つーことで、書きはじめて改めて気がついた文房具好き。 アンダーな日でも、好きなモノを書くことで癒されたりする。 敬愛するスタパ齋藤氏の気持ちが分かるのだ。

で、今日は消しゴム。 小学生の頃、いろんな消しゴムがあったなぁ。 スーパーカー消しゴム、香り付き(コーラ等ジュース系、イチゴなど果汁系など)、練り消し、砂消し、電動消し。 小学生の頃にあったパラダイス、それは、『文房具店』と『駄菓子屋』だ。

さて、実用的な消しゴムと言えば、トンボ「MONO」。 遊びじゃない消しゴム。 日本人御用達。 小学二年生ぐらいから「かきかたえんぴつ」からメカニカルなシャープペンや臙脂色の三菱uni鉛筆に憧れを持ち始め。
子供じみた筆箱に納まっている、トンボMONOと三菱uni鉛筆は、大人の気分にさせてくれた(心の声:俺はその辺の小学生じゃないんだよ。ひひひ)。←この虚栄心が小学生低学年。 それからずっと「MONO」一筋でした。 ある消しゴムが店頭に並ぶまでは。

PLUS のTree'sから出た「AIR-IN」だ。 売り文句は「■いつでもカドで消す感触」。 使ってみた。 自分は2B、4B、たまに6Bも使ったりするので、綺麗に消せるものが第一なのだが、どれも良く消える。 売り文句に偽り無し。 そこで、「MONO」の時代は終わったのかも、と感じた。 以来、ずっと「AIR-IN」を使っている。 「MONO」消しゴムのパッケージは相変わらず一級のデザインだと思っている。 が、やはり、消し味と実力を俺は取った。 これからも、自分の中の定番に取って代わる文房具がでるかもしれないが、それは大いに歓迎する。

eraser AIR-INは、最後の最後まで消し味が変わらないので、小さくなるまで使っている。 エアインシリーズは色々あるけれど、自分のお気に入りの一品はスタンダードなコイツらだ。(写真) 消しゴムケースのデザインはMONOが基調なのだなぁ。 ステッドラーの消しゴムも青だったっけ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/08/14

旅ノート

俺は前職辞めてプー太郎していた半年で、『温泉探検隊』の隊員になった。 なんのことは無い。 中部近辺在住の、同じ学部でツレだったヤツらの集まりで、悪友Uの誘いで長野県木崎湖でカヌー合宿に参加したのが始まりだ。 ま、『温泉探検隊』については、いつか一つのカテゴリで書き連ねてみたいと思う。

今回は旅ノートの話。 前職辞職してから始めたのが「日記」だ。 半年のプー期間では、日記のようなクサビが無いと生活の節目がができないのだ(と後から意味づけ)。 選んだのは赤い表紙でお馴染み、A5サイズのKOKUYO のCampusノートA横罫だ。裏表紙には封筒を糊付けして、半券や切り抜きなどを入れられるようにしてある。  7mm×24行のA罫線は高校時代からのベストマッチ。 その流れで、『温泉探検隊』数名で遠出する時に、旅行の為だけに一冊専用のモノを探していて見つけたのが、KOKUYO の「Campus FILLER」だ。 折り返しに便利ならせん閉じだから移動中の筆記が楽、左から5番目のカラムマーカー位置に縦罫線入りっているので書込み日時や欄外メモが取れ、切り取り用ミシン線が入っているので綺麗な切取りメモになり、、二穴パンチが空いているのでミシン目で切取ったメモは綴りファイルに使える、と、ほぼパーフェクトな機能満載のノートなのだ。 KOKUYO は、こういう優れモノを出しているから侮れない。
今ではメンバーもそれぞれ家庭を持ち仕事でも中堅になって、体力にまかせた長期の旅行はしていないが、またいつか、このノートを使うこともあるだろう。

campus 日記用のKOKUYOのCampusノート。

A5サイズでA罫。

filler02

旅日記用の、「Campus FILLER」

一番下は新しいデザインの表紙。今はどうだろう。

cutout

ミシン目で切れ便利です。 二穴パンチも見えるかな?縦罫線が左に入っているのもGOODです。とは言っても、書く(描く)ときゃ、罫線なんて無視。 最初の方のページは目的地の地図のコピーや各種時刻表を貼り、行動予定などを書き込む。

page4 これは、初の西表島遠征('97.12.27~'97.1.2。)の時のもの。 文章も書けば絵も描く。場所は移動の陸・海・空。それとテントの中だ。 筆記用具は、ゼブラの四色ボールペンのみ。 写真の右の絵は、飛行機内でスッチーと対面する座席で珍しかったので。 最近の楽チン旅行では絵の道具とかも携帯するが、まぁ使わない。気分だけね。

takiデジカメなんて無いから、写真は貼るのだ!1頁に2枚貼り、下らないコメントを残す。 四枚の写真は西表島のピナイサーラの滝 の上にて(リンク先の滝上からの眺望写真を見て下さい。遠ぉ~くに見える、河口から登ったの!)。 ツアーじゃないからガイドもなく、河口から歩いて! 滝上では珍しがられたよ、俺たち。 疲労困憊の俺。

ticketsノートの裏表紙には封筒を貼り付けるのだが、旅ノートでは大きめの封筒にしてみた。それでも、なんだかんだ、封筒はいっぱいになった。 単なる小さい紙切れ一枚一枚に、それぞれ想い出を引き出す鍵となる。

sanbiki西表島初上陸記念の一枚。 三匹のバカである(左から副隊長K、俺、悪友U)。 石垣島から天候が悪くなり、八重山観光フェリーは時化の中なんとか西表島の船浦港へ。 三人とも、洗濯機の中で揉まれた状態でヘロヘロであった。 あの頃は若かった(遠い目)。      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/10

メモ用紙

文具が好き。 書くモノは楽しく色々集めるけど、書かれるモノはあまりこだらない(消耗品だから拘ると破産する)。 だから、メモ用紙は500枚300円の普通のコピー用紙から作る。 ミスコピー紙などを使い無駄にしない心がけも大切だけど、新品のA4用紙500枚300円を自由に使うのは、自分にとって、とても贅沢な気分にさせてくれるんだなぁ。 これは本当に物凄い安い贅沢だ。 作り方は簡単。 A4を二つ折にして切断すれば、絵や図を描くようなA5メモ用紙ができる。  さらに半分に切断すれば、ハガキ大A6のメモ用紙の完成だ。 ちなみに、KOKUY○のA6メモ用紙75枚綴50円を換算すると1枚0.67円。 これがコピー用紙をA6に切断すると500枚300円四等分として1枚0.15円。 市販のメモ用紙より紙質が良くてさらに四倍もお得という訳だ。 これはみんなに薦めたいなぁ。

切るモノ、切られるモノは年季が入っている。 カッターマットはまだ数年しか使ってないOLFAのA4サイズ(昔はグリーンのヤツを使ってました)。 カッターは、小5の時に買ったOLFAのアートナイフで20年選手(ロゴが古いネ)。 愛するOLFAのサイトはこちら。 定規は150mmのモノがシンワの直尺で、カッターと同時期購入で今でも活躍。 そして、最初の切断に必要な300mmの定規はメーカー不明。一番の長寿。叔父から引き継いだモノだから、40年は超えているだろう。多分、一生モノだ。(写真)

cutter

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/10

書き心地

いやはや、昨日は一日部屋を探しました。 失せモノです(古い言い方だなぁ)。 近年の当たりの買い物、ぺんてるのシャープペンGRAPHLETです(写真)。 これは、芯の太さが0.9mmで、シャープペンの気軽さと鉛筆の芯のたより甲斐と暖かさが絶妙にマッチした商品。 しかも500円ときてる。 柔らかい芯が好きなので、今までは普通の0.5mmの4Bのシャープペンを使っていたけど、もう戻れない。 描くのも書くのもこれ一本。 2Bの芯ではあるけれど、0.9mmの径があるので、太くも細くもタッチが変えられるのだ。 やはり文房具はデザイン&書き心地。 文具好きの友人も、俺のGRAPHLETを試してから速攻で買ったもんな。 ぺんてる社の人、何かちょうだい。

で、それが消えた。 多分金曜の夜。 ペン立てまわりから机まわりから半径を広げて探していってもどこにも無い。 本当に昨日は一日探してたのだ。 結構、マジに凹んでいたのです。 (それで昨日はエントリーしなかった、というのはウソ)

が、今朝、書棚にある本を何気なくとったら、「ハサマッテイタ!」 無意識にしおりとして挟んで、厚みに気がつかず戻してしまったのだ。 あー、馬鹿な俺。 昨日一日を返しておくれよ、マヌケな一昨日の俺。 でも、見つかって本当に良かったよー。

09

| | コメント (0) | トラックバック (0)