2007/08/19

抹香臭いタイトルだ。 ←という一文が通じるほど、仏教は宗教よりも文化として根ざしていると個人的に思う。 今週、五夜連続で1月にNHK-BS hiで放送され、その後NHK-BSで再放送されていた『五木寛之 仏教への旅』がNHK総合で再々放送されたのでまとめて録画していたのを週末にじっくり観る。 以前BSで再放送された後に番組を知って、いつか地上波で再放送されるかもしれないと気に留めておいたヤツだ。 釈迦の最期の旅~インド~から、韓国、ブータン、フランス、中国、日本、アメリカと五木寛之が仏教の昔と今を巡る旅だ。 ウチは臨済宗(禅)なので、中国の六租慧能(えのう)の話が一番馴染みがあったが、チベット仏教から浄土真宗まで広く知ることができてなかなかタメになる番組だった。 が、あくまで五木寛之の括弧がついているという印象も。 ま、お釈迦さん一人の説法から東方日本でたくさんの仏教宗派に分かれたのも、時代時代でそれぞれの宗派開祖が別の解釈をしただけのことで。 禅といえども、自分にとっては慣習に近いものでしかない。 時代がここまで下ると、また随分といい加減なものである(笑)。

結構前にCMで一瞬映った赤いアウトビアンキA112が記憶にあった『メゾン・ド・ヒミコ』を観る。 ゲイの映画だったが、『ハッシュ!』よりも綺麗ながらどこか繋がりが悪いか。 期待大きかっただけにイマイチ。 なーんかバランスの悪い映画だなぁ。 いいところも多いのだが。 最初のナレーションの筒井康隆と音楽の細野晴臣は一発で分かった。 あ、あと風景に見覚えがあると思って検索したら、一度だけ通った事のあるところで吃驚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/14

キック

「キックが欲しい。」 酷く落ち込むと、中島らもさんはいつもそう言っていた。 別に、「蹴り」を食らいたいという意味ではなく、ガツン!と気合が入るものが欲しいということだった。 この一週間、ずうっと低調。 胃の調子も悪く、何度も食事を受け付けなかった。 昨日あたりから食べられるようになり、来週にはなんとか復調か。 でも、どーも、なんだか。 嗚呼、キックが欲しい。

Kick 自分のキックの写真が無かったので、動画からキャプチャ。 旋風脚。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/27

篭る。

ちょこちょこ年明けまで仕事はあるが、どうやら本日でほぼ業務終了(自営業なんでネ)。 リタリンの勢いを借りての年末作業だったが。 神経伝達物質も枯渇した模様(気分的にね)。 このブログも年明けまでしばらく開店休業ですな(今とたいして変わらん)。 『模倣犯/4、5』も読了したんで、これからはイッセー尾形と立川談志師匠のDVDを山と積み、ちと篭らせていただきやす。 多分、薬の意味の本来ではないかと。  ではでは。

CG202

乱用反対派な俺。処方を守っており、年末年始はリタ抜きします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/08

心持ち

仕事の話はここではしないが、少しだけ。 大した量ではないが、師走は仕事が多い。 この一年で、事務所も大きく変わり、支社も大きく変わり、本社も大きく変わった。 で、末端に皺寄せが来る。 昨年の手帳をみて、年末進行を較べてみた。 なんと、昨年よりも10日速く前倒しで仕事ができている。 というか、昨年の今頃は心の落ち込みが激しく、3日寝込んでいたりの日々だった。 今のところその予兆は無い。 明日の忘年会を終えれば、年末まで淡々としたペースでクリアできそうだ。 それだけで心持ちが違う。 好循環の予感。 そしたら、来年から少しずつ歯車がまわりだすかもしれない。 たまには、自分に淡い期待をしてもいいのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

なんか、こう

なんか、こう、朝からダルダルな日って、薬一発気合入れてって挑んだら、仕事がどんどん舞い込んで、ミスをカバーするのにさらに時間がかかり、あれもこれも一度に出来ないから、鎮静剤飲んでこれをやろうとすると相手都合で進まなかったりって、仕事量をみるとまるではかどらず、何やってんの?って時ってあるよね。  で、こういうテンションだと眠剤も早くには効かなくて、既に明日の朝の薬の残り具合を推測していいタイミングで飲もうとすると、ゲ○っちゃったり。 つーことで、愚痴でした。 で、明日はウソのように元気でサクサク進んで、と・・・って夢を見るのだった。 ケミカルクラッシュ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/27

心が雨漏りする日には

『心が雨漏りする日には』 は、故・中島らもの著作。  抑鬱状態というのは、実にケミカルなものだ。 決して感情の起伏ではなく、脈絡が無い。 一時間前に映画で爆笑していても、急に「もう消え入りたい」という回路が出来上がってしまうのである。  そんなときは何をしても駄目なので、予兆を感じたら眠剤を飲んで爆睡に限る。 そういう場合ではなくとも、なんとなく気分が落ち込むときがあるが、こちらはある意味安心だ。 おなかに優しい、おじやのような軽い本を読めばいい。
そんなときには、東海林さだおの『丸かじりシリーズ』が最適だ。 らもさんも東海林さだおフリークだったな。 一番手に取りやすいところに文庫が並んである。 どの巻のどのページから読んでも良い。 すべてに於いて、気分を柔らかく押し上げてくれる。 随筆の技巧など微塵も感じさせず、あの絵である。 実験と云って愚考と愚行をする大作家である。 日本人の中で、東海林さだおに助けられている人々を数えたら、きっとびっくりするような数になるだろう。 と、こんなことをブログに書くのは野暮なことだ。 ただ、今日もまたお世話になったので。  『散乱書棚』へは収まりきらないので、「丸かじりシリーズ」全てを推薦しておく。(文春文庫刊)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/19

酒と煙草

朝のワイドショーで、タバコの話が持ち上がっていた。

自分は、酒は高1から、煙草は20歳から。 自分は鬱病もあるが、喘息もある。 喘息にとって、酒も煙草も良くない。 酒は好きだが煙草は嫌い。 ただ、酒も美味く飲む以上に薬品としての依存度が高く酒量も多い。 出来うることならば、酒は減らして煙草はやめたい。 読むだけで止められる『禁煙セラピー』がこれほど有名になる以前に自分は試して、実際に一年間禁煙に成功した。 宣伝どおりに、本を読み終わったら止められた。 が、また吸った。

高校時代は酒造りを将来の職に求め、あらゆる書籍を集め熟読し、受験大学もそれに絞った。 東農大醸造発酵科にも補欠合格したが、国立に受かったので家計を鑑みてそちらへ。 酒は飲む方へまわった。 理科系へ行くウチに、「脳」に興味を持ち出してそれらの本を読むのが一番刺激的で、今にも至る。 とうぜん、精神系・心理系も読むが、現在の病気である鬱のしくみや療法などに関するモノも。 『依存症』に関するモノも書棚に並んでいる。 いや、メカニズムは理解できるよ。 でも、やめられない。 理屈を言えば原因は"現実を直視したくない「逃げ場」の確保"である。 確保しなければ、鬱は自分を殺すという強迫観念があるという無意識の構築が既にあるようだ。

しかし、それがなくても、頭がおかしくなるわけではないということもわかる。 抗鬱剤他多種薬剤をきちんととってるし、喘息も根本治療をしている。 「なんだかんだ理屈を言ってお前は意志が弱いのだ。」というのが通用しない。 常に自分を卑下しているから、当然だろうと思うし、罪悪感を再認識するだけで前へ進まず、自分の奥へもぐる作業の潤滑剤になるだけである。

ああ、酒量を今の半分に、そして煙草は永遠に止めたい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/09

赤頭

キックが欲しい。 合法で。 床屋でブリーチしてもらった。 桜木花道みたいになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

幸せ

自分は幸せ。 だからウツになる。

『何もせずに 眠る。 眠る。 ~奥田民生:すばらしい日々』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/17

近眼

俺の視力は0.01だ。 左は乱視も入っている。 あの視力測る「C」みたいなヤツ、一番上のが数歩前に出てみないと見えないのよ。 眼のいい人は信じられないみたいだけど、頷く人も多いハズ。 中学までは2.0以上だったのが高1で0.8になり、その後、眼鏡・コンタクトレンズ人生になったのだ。。

初めての眼鏡は、他人がどんなものをしてるとか知識がないから、ダサいフレームでプラレンズだった。 結局、テニスで酷使しするのに都合が良かったけど。 高1の秋に、ひょんな事からスキンヘッドにした。 そこで、真円のメタムフレームの眼鏡を買った。(度が弱いので、現在も読書用眼鏡として活躍。) 良く似合ってると言われたな、ガンジー。 高2で髪を戻し、黒の四角い(正確には上が少し強めのカーブ、下に微妙なカットが入っている)セルフレームに。 社会人一年目になるまで、近眼は進み数々の度数のレンズを交換し7年使用。 流行りからはどんどん遅れていってもデザインが好きだったのでずっと使っていた。 しかし別れは突然。 ある時、仕事中にポケットに入れたまま粉砕。
コンタクトレンズは、大学で武道を始めることになってから。 眼鏡から解放された瞬間の感動は今も忘れられない! でも、コンタクトはケアが面倒なんだよねー。(薬飲み始めてから副作用で涙量が減ったし) だから、普段は眼鏡派だな。 黒フレが壊れて、初めて予備眼鏡も必要だなといい気に三つ購入したのが小さめのセル二種と初めての縁無し。 これでも今の流行りからは少し大きいので常用しない。(入社一年目は残業手当がつくのでかなり金持ちだったなぁ…) 現在、ボストンのひとつは度入りのサングラスにして車の中に。 縁無しともうひとつはお蔵入り。 あ、ハーフリム(レンズの上半分はフレームがあるけど下は無いヤツ)も買ったことがあった。 これは、稽古じゃなく軽く遊びでスパーリングした時に蹴りが顔面に入って(←馬鹿)オシャカに。

で、現在使っているのは、写真の三本。 奥の(SPRIT)はそんなに使っていない。 常用してるのは手前二本で、レンズの形が気に入ったので二年ほど前に購入した( byblos:ゴールド/臙脂&シルバー/黒)。 一本のフレームが壊れて部品取り寄せしてる間に色違いを買った。 これ、個性的でないのがいいのだ。 ファッションとか流行とかには疎いから、あれこれ集めて楽しむって感覚は無いので、これで良いのだ、と二本。
こうして書いてみると、結構眼鏡持ってたんだなぁ~。(初代から、全部で10本) しかし、ダラダラ書いてみたけど今回は文章に熱がこもらない。 結構なお値段なのだが、文房具に較べると、眼鏡に対する思い入れはぜーんぜん無い。 だから、今、急に大金が入ったら、どんな眼鏡を買おうかなぁ~とは考えない。 速攻で近眼の手術をするのだ。
やっぱ、眼鏡やコンタクトは不便だよ。 うん。

glasses

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧