« 電気屋さん | トップページ | 鉄分補給 »

2007/09/24

VIERA・DIGA

先週電気屋さんが来た。 TVの設置場所と作業場所を確保するだけで、後は空いたスペースにドンドン移動させた。 こちらは見ているだけで、二代目と三代目の二人で二時間くらいで設置設定諸々接続完了。 37型プラズマのVIERAとWチューナーのDIGAが我が部屋の仲間入りをはたした。 でかい。 物凄くでかい。 プラズマの中では一番小さい型なのだが、小さな部屋では圧倒されるほどだ。 綺麗。 物凄く綺麗。 地デジを2011年まで待とうというのは体験してない故の考えだ。 ローカルニュースでさえ、スタジオセットの細かいディテールまで見える。 選べる。 多チャンネルから選べる。 BSとはNHK-BS(アナログ)しか知らなかったが、ネットで番組表を見ると色々やっているのに気が付かされる。 雑誌購読でしか知らなかった『所さんの世田谷ベース』が高画質で放送されている(年末に三巻のDVDが発売)。 簡単。 物凄く簡単。 ビエラリンンクで予約が簡単。 TVのリモコンで殆ど感覚的に予約ができる。 また、Wチューナーなのでどんどん放り込める。 コピーワンス機なのだが、ムーヴして消えるメディア用とHDD用に一つの番組を二つ残せるのもイイ。 自分の5.1chシステムは旧PS2でDVDを見始めた頃のモノなので設定は大変だったようだが(光入力が一つ)、いろんなDVDを引っ張り出しては大画面で見直してしまう。 dtsのモノ、特に『BHD』はBOXで見返してしまう。 映像が圧倒的だ。 この狭い部屋には37型でも殆ど映画館だ。 奥田民生のライブDVDやイッセー尾形の公演DVD群も、これまでと全く違う。 感動してしまう。 立川談志の落語は、気づかなかった細かい表情まで分かる。

はっきり言って時間が無い。 自分の場合、強引に睡眠をとらねば脳内物質が生産されないのだ。 しかし、最新AVハードを手に入れたらこうなるのも必然か。 TVまわり以外の雑然と放置された"それまでそこにあったモノら"の片付けは、もう少し目をつむっておこう。

|

« 電気屋さん | トップページ | 鉄分補給 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/16553136

この記事へのトラックバック一覧です: VIERA・DIGA:

« 電気屋さん | トップページ | 鉄分補給 »