« 7月 | トップページ | 仏 »

2007/08/15

いいお盆だったかもしれない。 去年は新盆があったりしてぐったりだったりしたが、暦も良かったのか、リタリンの力を借りて土日で自室の掃除整理整頓を済ませる事ができた。

お盆に入る前の週にNHK-BSで『麻雀放浪記('84)』を見ていたので、監督の和田誠『新人監督日記(角川書店)』を手に入れ熟読。 山藤章二が立川談志なら、和田誠は古今亭志ん朝だと思う。 監督日記を読んでも、どこまでもやさしいのだ。 自分は山藤・談志嗜好だけれども、昔っから和田誠が好きである。 原作の傑作、『麻雀放浪記~青春編~/阿佐田哲也(角川文庫)』も引っ張り出して併読。 ちくま文庫の阿佐田哲也のエッセイ集もつまみに。 『新人監督日記』がしょっぱなから面白かったのでDVD『麻雀放浪記』も中古で購入。 日本語字幕を表示して、台詞を吟味堪能しながら観る。 また戻って、美術セットやら音響効果に注意して観る。 『新人監督日記』を再読し、撮影日記に合わせてシーンやカットをいちいち観る。 DVDには絵コンテも収録されているので、あの和田誠の独特の線画(『パプリカ』の今敏監督とは対極)をじっくり観る(一時停止できないのがこのDVDの落ち度だ)。 合間合間に『麻雀放浪記』の風雲編以降も読んでしまう。 特典のフォトギャラリーにある、和田誠と阿佐田哲也のツーショット白黒写真は涙ものである。 ゆるりと心地よく溺れる事ができた。 お盆に盆(博打)を掛(賭)けてみました。 うぅ、寒っ。

Hourouki

|

« 7月 | トップページ | 仏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/16113946

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 7月 | トップページ | 仏 »