« 盆 | トップページ | 電気屋さん »

2007/08/19

抹香臭いタイトルだ。 ←という一文が通じるほど、仏教は宗教よりも文化として根ざしていると個人的に思う。 今週、五夜連続で1月にNHK-BS hiで放送され、その後NHK-BSで再放送されていた『五木寛之 仏教への旅』がNHK総合で再々放送されたのでまとめて録画していたのを週末にじっくり観る。 以前BSで再放送された後に番組を知って、いつか地上波で再放送されるかもしれないと気に留めておいたヤツだ。 釈迦の最期の旅~インド~から、韓国、ブータン、フランス、中国、日本、アメリカと五木寛之が仏教の昔と今を巡る旅だ。 ウチは臨済宗(禅)なので、中国の六租慧能(えのう)の話が一番馴染みがあったが、チベット仏教から浄土真宗まで広く知ることができてなかなかタメになる番組だった。 が、あくまで五木寛之の括弧がついているという印象も。 ま、お釈迦さん一人の説法から東方日本でたくさんの仏教宗派に分かれたのも、時代時代でそれぞれの宗派開祖が別の解釈をしただけのことで。 禅といえども、自分にとっては慣習に近いものでしかない。 時代がここまで下ると、また随分といい加減なものである(笑)。

結構前にCMで一瞬映った赤いアウトビアンキA112が記憶にあった『メゾン・ド・ヒミコ』を観る。 ゲイの映画だったが、『ハッシュ!』よりも綺麗ながらどこか繋がりが悪いか。 期待大きかっただけにイマイチ。 なーんかバランスの悪い映画だなぁ。 いいところも多いのだが。 最初のナレーションの筒井康隆と音楽の細野晴臣は一発で分かった。 あ、あと風景に見覚えがあると思って検索したら、一度だけ通った事のあるところで吃驚。

|

« 盆 | トップページ | 電気屋さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/16156933

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 盆 | トップページ | 電気屋さん »