« 読んだモノ | トップページ | 余裕 »

2007/04/26

巷説百物語

自分は文庫派である。 或いは新書派である。 好きな作家の本でも、新刊本が出たら情報を遮断して文庫化されるまで三年ほど待つのだ。 近頃はムック本ですら文庫化されるから油断がならない。 文庫化されないようなサブカル本やビジネス書などは吟味して、えい!といって買う。 文庫本ってのは、値段が安いのもあるけれど、解説文が付くのがお得だとか、書棚に並べ易いとかふと一文を読みたい時に便利とか。 一番の理由は手に馴染む大きさだってことだ。 たぶん。

禁を破ったのは京極夏彦だ。 文庫化された『姑獲鳥の夏(講談社文庫)』を読んで好きになった。 聞くところによると、元のノベルス版で文章がページをまたがない工夫がされ、よって文庫化されるときもまた上記のルールを守って改稿されるという。 タイトルも良く見ると『文庫版 姑獲鳥の夏』となっている。 そこから京極堂シリーズと云われるものはノベルスも買い文庫も買うようになった。 そこで巷説百物語である。 

巷説百物語は京極堂シリーズと逆の手順での、単発妖怪小説だと思っていた。 そうしたら、『嗤う伊右衛門』『覗き小平次』(ともにノベルス)とも同一の世界であるぞ、と。 云われるまで巷説~の主人公である御行の又市が登場していることも気が付かなかった。 京極堂シリーズは世界を同じくした外伝的な百鬼シリーズがあったが、それ以上に怪談シリーズとされていた二冊『嗤う』『覗き』が巷説百物語シリーズと気が付いて、世界が繋がってしまった。 そこで巷説百物語。 言ってしまえば、第百三十回直木賞受賞作『後巷説百物語(のちのこうせつしゃくものがたり)』が、なんと最後には京極堂シリーズとも繋がっていることを知って、たまらずハードカバーの新刊本を買うはめになったのだ。 文庫派のポリシーなんてものはないけれど、なぜか何か負けた感が(笑) 巷説百物語シリーズの最後に相応しいダイナミックな物語でした。

で、四月下旬。 『ハンニバル・ライジング』よろしく『前巷説百物語』という巷説百物語シリーズの前半記のハードカバーが新刊で出るとともに『文庫版 後巷説百物語』が同時発売。 嗚呼、角川商法。 しかしそろそろ我慢が出来る年頃だ(笑)。 '03年11月から文庫化されるまで三年半。 『文庫版 後巷説百物語』だけ軽やかに購入し(講談社と違い厳密に言えば角川書店には題名に「文庫版」というタイトルは付かない)、『文庫版 嗤う伊右衛門』『覗き小平次(ノベルス)』『文庫版 巷説百物語』『文庫版 続巷説百物語』と、副読本『京極夏彦 「巷説百物語」の世界(洋泉社)』とメモ・落書き用のA5に裁断したコピー用紙も横に置いて、週末からのGWに準備万端に備えるわけである。 

NochikousetsuKousetsunosekai_2 

|

« 読んだモノ | トップページ | 余裕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/14853387

この記事へのトラックバック一覧です: 巷説百物語:

« 読んだモノ | トップページ | 余裕 »