« 怒濤の年度末 | トップページ | 読んだモノ »

2007/04/08

観たモノ

イッセー尾形が昭和天皇を演じたロシア映画『太陽』。 終戦後、神国皇帝から人間ヒロヒトになるまでを切り取ったもの。 映画では忌避とされてた天皇だけどアレクサンドル・ソクーロフ監督が上手く料理。 イッセーの好演がファンとして逆に入り込めない。 イッセーさんは特定の誰かを演じては活きないのだな。 ファンタジックな造りで空襲・占領・混乱は描かれていないのが、たぶん監督の本意ではないのだろうけど、日本人にはやんごとなきお方の苦悩がやや皮肉に見えてしまうのが良いです。 

大好きなスリラー『SAW』『SAW2』に続いての、『SAW3』。 アイディア勝負の一作だから、続編以降の下降線は避けられなかったようだ。 でも、バジェット少なくても頭で勝負!っていうこのシリーズは近年に無いですわね。

『隠された記憶』で見事K.O.された、ミヒャエル・ハネケ監督の有名な『ファニーゲーム』。 理不尽な暴力をシンプルに描くだけ!ってのが良いです。 エクスキューズの無い表現には力があるねぇ。 小技も効いてます。 この監督の作品、まだまだ沢山あるようなので追いかけます。

本とかはまた今度。

Sun

Saw3

Funnygame

|

« 怒濤の年度末 | トップページ | 読んだモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/14605057

この記事へのトラックバック一覧です: 観たモノ:

« 怒濤の年度末 | トップページ | 読んだモノ »