« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/26

巷説百物語

自分は文庫派である。 或いは新書派である。 好きな作家の本でも、新刊本が出たら情報を遮断して文庫化されるまで三年ほど待つのだ。 近頃はムック本ですら文庫化されるから油断がならない。 文庫化されないようなサブカル本やビジネス書などは吟味して、えい!といって買う。 文庫本ってのは、値段が安いのもあるけれど、解説文が付くのがお得だとか、書棚に並べ易いとかふと一文を読みたい時に便利とか。 一番の理由は手に馴染む大きさだってことだ。 たぶん。

禁を破ったのは京極夏彦だ。 文庫化された『姑獲鳥の夏(講談社文庫)』を読んで好きになった。 聞くところによると、元のノベルス版で文章がページをまたがない工夫がされ、よって文庫化されるときもまた上記のルールを守って改稿されるという。 タイトルも良く見ると『文庫版 姑獲鳥の夏』となっている。 そこから京極堂シリーズと云われるものはノベルスも買い文庫も買うようになった。 そこで巷説百物語である。 

巷説百物語は京極堂シリーズと逆の手順での、単発妖怪小説だと思っていた。 そうしたら、『嗤う伊右衛門』『覗き小平次』(ともにノベルス)とも同一の世界であるぞ、と。 云われるまで巷説~の主人公である御行の又市が登場していることも気が付かなかった。 京極堂シリーズは世界を同じくした外伝的な百鬼シリーズがあったが、それ以上に怪談シリーズとされていた二冊『嗤う』『覗き』が巷説百物語シリーズと気が付いて、世界が繋がってしまった。 そこで巷説百物語。 言ってしまえば、第百三十回直木賞受賞作『後巷説百物語(のちのこうせつしゃくものがたり)』が、なんと最後には京極堂シリーズとも繋がっていることを知って、たまらずハードカバーの新刊本を買うはめになったのだ。 文庫派のポリシーなんてものはないけれど、なぜか何か負けた感が(笑) 巷説百物語シリーズの最後に相応しいダイナミックな物語でした。

で、四月下旬。 『ハンニバル・ライジング』よろしく『前巷説百物語』という巷説百物語シリーズの前半記のハードカバーが新刊で出るとともに『文庫版 後巷説百物語』が同時発売。 嗚呼、角川商法。 しかしそろそろ我慢が出来る年頃だ(笑)。 '03年11月から文庫化されるまで三年半。 『文庫版 後巷説百物語』だけ軽やかに購入し(講談社と違い厳密に言えば角川書店には題名に「文庫版」というタイトルは付かない)、『文庫版 嗤う伊右衛門』『覗き小平次(ノベルス)』『文庫版 巷説百物語』『文庫版 続巷説百物語』と、副読本『京極夏彦 「巷説百物語」の世界(洋泉社)』とメモ・落書き用のA5に裁断したコピー用紙も横に置いて、週末からのGWに準備万端に備えるわけである。 

NochikousetsuKousetsunosekai_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/19

読んだモノ

GWを前に土日無い毎日で、逆に活字を追う気力が湧いている矛盾。 UPなのかDOWNなのか自判不能。 面倒なので、リンクせずに列挙。

トマス・ハリスの『ハンニバル・ライジング(新潮文庫)』は、CMで映画公開がされると知って慌てて。  日本人としてはちょっと(笑) それでも愉しめました。 『ハンニバル(新潮文庫)』に較べて物足りなさ抜群。

花村萬月『青い翅の夜~王国記5~(文春文庫)』は、五冊目(文庫版では)にしてようやく物語が始まるのか、という喜びと苛立ち。 先ごろ文庫化された『百万遍~青の時代~(新潮文庫)』や、これから文庫化されるであろう『私の庭~蝦夷地編~』ともども、大作作家になってしまった花村作品群に根気良くつきあって行こう。 ハズレ無し。

宮部みゆきの『あかんべぇ(新潮文庫)』。 『ブレイブ・ストーリー(角川文庫)』でがっかりしたけど、やはり時代小説は良い。 帯の「人情+ミステリ+ファンタジー」はわからんでもないが、ファンタジーはもういいって感じですね。 ミステリーと時代小説だけ書いていって貰いたいと、勝手な要望。

食い物本で手に取った、ジェフリー・スタインガーデン『すべてを食べつくした男(文春文庫)』は、内容が濃い! 実践派食べ物エッセイながら、東海林さだおの対極に位置するか。 あれもやってみたい、これも食べてみたい。

オレンジページ編の「男子厨房に入る」シリーズ『旨い居酒屋メニュー』は、コストパフォーマンスで推す。 100ページ弱だが、オールカラーで税込み680円。

時間の空いた時にリンクを張ります。

追記:DVD『硫黄島からの手紙(初回限定版)』が発売日より一日早くamazonから届いて一気に観る。 日本の戦時下での重要性から、ちょっと浮いた感じのこのなんともいえない「小品佳作感」。 いつもの長尺・テーマの重さに較べてなお「小品佳作感」。 クリント・イーストウッド監督ならではか。 貴志祐介『青の炎(角川文庫)』の映画で、ちょっと…と思った"嵐"の二宮和也君が好演。

追記2:最近ハマっているミヒャエル・ハネケ監督の『71フラグメンツ』と『ベニーズ・ビデオ』は、一昨昨日起きたバージニア工科大の事件とのシンクロニシティにちょっと気味悪さが。 先週末に二本観たのだ。 勿論、物語は事件と大きく異なる。 『71~』は若者が銀行で乱射した後自殺。その加・被害者断片の集積。 『ベニーズ~』は少年による少女の殺害をビデオに録画。しかしその再生メディアしか現実とコンタクトをとれない少年の歪み。 語彙もないし解釈も浅いから乱暴に言ってしまえばそんな内容だ。 しかしハネケ映画の言語は必要最小限で物語より映像手法が勝つ。 現実の悲劇の方が言語情報ばかり膨れ上がり、次第に劇場的になるのが皮肉だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/08

観たモノ

イッセー尾形が昭和天皇を演じたロシア映画『太陽』。 終戦後、神国皇帝から人間ヒロヒトになるまでを切り取ったもの。 映画では忌避とされてた天皇だけどアレクサンドル・ソクーロフ監督が上手く料理。 イッセーの好演がファンとして逆に入り込めない。 イッセーさんは特定の誰かを演じては活きないのだな。 ファンタジックな造りで空襲・占領・混乱は描かれていないのが、たぶん監督の本意ではないのだろうけど、日本人にはやんごとなきお方の苦悩がやや皮肉に見えてしまうのが良いです。 

大好きなスリラー『SAW』『SAW2』に続いての、『SAW3』。 アイディア勝負の一作だから、続編以降の下降線は避けられなかったようだ。 でも、バジェット少なくても頭で勝負!っていうこのシリーズは近年に無いですわね。

『隠された記憶』で見事K.O.された、ミヒャエル・ハネケ監督の有名な『ファニーゲーム』。 理不尽な暴力をシンプルに描くだけ!ってのが良いです。 エクスキューズの無い表現には力があるねぇ。 小技も効いてます。 この監督の作品、まだまだ沢山あるようなので追いかけます。

本とかはまた今度。

Sun

Saw3

Funnygame

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »