« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006/12/30

HUSH!

賦活剤を用いて年賀状の木版画はこの二日間で終えた。 悔いが残る。 悔いの残る作品というのは、摺り上がった出来ではなく、費やした時間に考えた試行錯誤の愉しみの量が少ないということだ。 もとより素人の木版画なのだから、そこを楽しめずになんとする。 綺麗に上がったかもしれないが、もっと出来たかもしれない。 気持ちを引きずりそうなので、早朝に投函まで終わらせた。 これで今年は終わり。  見えるところに掃除機とハンディモップやクイックルワイパーをかけ、勉強本・積読本は整理はせずに整頓だけ。 メインPCのバックアップを外付けのHDDに。 それとサブPCと同期。 新携帯への変更手続きと散髪とギター分解修理とオークション出品などは、すべて来年休み明け以降に決定する。 午後に早めにシャワーを浴びて、DVDを何枚か用意する。

年末年始はイッセーと談志。 いいお酒とワイパックスを何シートか用意して。 何年か前からこの生活にして、大晦日正月が楽になってきているからそうしている。 2006年は生イッセーさんにもお会いできたし、その後の新作DVD二本も開封を待っている。 談志CD-BOXは来年の目標だ。 それはそれとして。
この年末にきて、ひさびさの良作邦画を見た。 『ハッシュ!』(写真)だ。 その評判を聞いていたからこそ、観遅れする作品は多い。 "ゲイ二人と女性一人で子供を"というキャッチから予想していたものとは程遠い、密度が濃くてくすんだ透明感のある作品だった。 レンタルだったので、正規初回限定版を速攻注文する。 キャスト陣が大好きな人達ばかりだったことを差し引いても、全く同世代の俳優陣の演ずる、多少重なる軽い障害感(私はゲイじゃない)を持つこういう題材は、今後の家系血縁に過敏なオイラにゃ結構のしかかってしまうし、妙に符号が一致するカットにいちいち吃驚したりしもしたが、なんか、こう、全体的に柔らかいのだ。 朝子を演ずる片岡礼子が、姐さんとして付き合って貰っている人にそっくりでこれも良かった。 ちょっと今年最後の一作がこれで良かった、本当に。 ではそろそろ籠もります。 みなさま、よいお年を。

Hush

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/12/27

春かと

仕事がひと段落か。 大晦日が見えた。 ドーパミンが枯渇しただろうか、自分の事やる気なし。 しかし、今年は銀行休業日が土日と重なるのでゆったりとした年末を送れるだろう。 イッセー尾形・立川談志のDVDだけは用意しておこう。 今日は小春日和。 仕事場の大掃除前の自分エリア小掃除で汗をかいた。 というか、汗ダラダラだった。 暖冬は風情が無い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/21

DRAW

この時期、昨年の2005年ほぼ日手帳を開き今年の年末進行と進捗を較べている。 すると、分かることがある。 中枢神経興奮剤を用いているので、精神は疲弊しているのにDVDを見まくっているのだ。 昨年はこの時期から年末にかけて、『攻殻機動隊S.A.C.』『攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG』の2シリーズを観ている。 どういう状況かは、仕事納めあとの手帳が空白まま仕事初めまで続いていることから察せられる。 今年はゆっくりしたいなぁ。 と思っていたが、『バガボンド』の井上雄彦が、『バガボンド』の執筆風景をひたすら撮ったDVD『DRAW』(リンク先の画像をクリックすると、トレイラーが観られる)を発売したので購入。  でかいケント紙に、ステッドラー925 25-09 でほんとうにラフに下書き。 そして14巻あたりからペン入れをやめて始めた、筆描きを菊花面相(小)開明レンタリングゾル で繊細に大胆に描いていく。 何度も中空を彷徨い漂う筆先が、本当の正しい線を見つけようとしている仕草を物語る。 DISC1は120分、ただひたすら描くだけ。 DISC2は60分の映像に二つのコメンタリー。 やはり、描いている(出来上がって行く)様を観ているのは元気が出てくる。 または官能的であるとも言えよう。 年末進行の現在、イノタケの描く(働く)手元を毎朝見ている。 仕事の方は今日ようやっと追いついた。 年賀状の版画はまるで進んでいないが、いずれ追いつかせる。

追記:フォロワーの歌は聞いたことはあったが、美輪明宏本人の『ヨイトマケの唄』を初めて聞いた。 http://www.youtube.com/watch?v=yTJ8wmWhPsE 正直、感動した。 この人は凄い。 スピリチュアルな美輪さんは論外として、やはりいまや数少ない『芸能』人であるだろう。

追記2:伊藤歩目当てで観た『ふくろう』が面白かった。 こないだ初めて観た『うなぎ』もそうだったけど、毒あるヒューモア映画は楽しい。 こういう小品は邦画が上手いという訳ではなく、邦画にはこのような作品を産む土壌があるのだと思った。

Draw_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/13

師走

師走だからったって、何も急がなくても良い。 でも、若いと走っちゃうんでしょうな。 ン百万円の新車のスポーツカーをお釈迦にしたりして。 命が助かっただけで儲けモノでしょう。 無残な車を見ると心が痛みます。

他県の悪友んチへ行く時は山道を通るのだけれど、パッと見煽られ易い車なのか、元気いっぱいの車が勢い良く迫ってくると、こちらは気配を察知してやや左へ車を寄せて見事なタイミングでのウインカー。 ハザードを点滅させながら前方へかっ飛んでいってくれます。 んで、横道から白いバイクに青い制服のお兄さんが、赤いライトを回転させながら追っていったりするんですな。 風情があります。 しかし、捕まらなけりゃ大丈夫、また事実捕まったことのないようなのが、突き刺さったり、落っこちたり、潰れたりするもんです。 これは野暮天といわれても仕方がない。 暮れの押し迫ったこの時期こそ、車間距離をゆったりとって安全運転でいきたいものです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »