« 邦画 | トップページ | 某国 »

2006/07/09

ミサイル

ミサイル飛んでくるより大地震の方が危険な所に住んでいます。  ミリタリー<モノ>はなんとなく好きだし、リドリー・スコットの『ブラックホーク・ダウン』なんかはBOX買いして繰り返し観てるが、「ノドンでもテポドン2でも俺のグロック18Cで撃ち落すぜ!(対象年齢10才以上)」とか言う程度の知識しかないので、実際の軍隊や日本の自衛隊とかはまるで知らないのだ。 で、日曜の午後少し勉強してみた。 教科書は『面白いほどよくわかる自衛隊―最新装備から防衛システムまで、本当の実力を検証! 』。 平成16年の発行なので少々情報が古く、GoogleとWikipediaで最新情報を補足して読了。 それでも、平易な文章とわかり易い構成で1400円分、充分勉強になりました。 第1章が『日本をとりまくさまざまな危険』で、自衛隊自体よりもまず"有事"とは何かから始まり、北朝鮮からページが割かれているところに、平成18年の自分は執筆時の著者にひとこと言ってあげたい気になりましたわさ。 白黒ではあるが写真も多く、図式は分かり易く、なーんにも知らない人にはお勧めかもしれません、はい。 あ、報道特集始まった。 見よ。 じえいたぁ~い、じえいたい~♪(「少女A」の替え歌が学生時代にはあった気がしたが思い出せない。 さすが、桑原スネークマン茂一です。「テポドン音頭」)

Jtai

|

« 邦画 | トップページ | 某国 »

コメント

どうなんすかね、今の日本だと着弾してからでないと、自衛隊の皆さんは動けないちゅーことですか。
ふむむー。

投稿: SHIN-PON | 2006/07/09 19:38

んー、有事法制の解釈では「武力攻撃の"恐れ"がある場合(ある国が"日本を攻撃する"と宣言しミサイルを発射準備)」も防衛出動は可能になったらしいけど、ノドンでも10分足らずで東京に達するらしいからねぇ。ミサイル防衛構想前倒しっても、どこまで米軍情報が日本で実際に機能するかわからんし、それまではどーすんの、って話になるし。
将軍様と軍部にキレられないように祈りましょうね。

投稿: コタツ | 2006/07/10 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/10857576

この記事へのトラックバック一覧です: ミサイル:

« 邦画 | トップページ | 某国 »