« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/25

とまらない

一世一代は大げさか。 先週の土曜日、『イッセー尾形のとまらない生活2006』へ行ってきた。 地元に来るのは4年ぶりで、前回は体調不良でチケットを取らず。 今年は自分を奮い立たせて。 それこそ「お笑いスタ誕」や「都市生活カタログ」からのファンですから、DVDは50枚に及ぶほどだし、著作は網羅。 しかし、生での観劇は無いのだ。 この歳になると、チラリと残りの人生を考えたりする。 今生の間に一度は見に行かねば、と。 やはり、ちと大げさだ。

地元ホールにはロビーが無く、楽しみにしていた軽食サービスが無しで残念。 開演一時間前に到着したので、チケット清算(イッセーさんの公演では予約したら森田オフィスからチケットが先に郵送され、当日会場でお金を払うという完全信用システム)はなんと清子さんだった。  公演後にサインをして貰うため、物販コーナーで布巾と手拭いを購入(写真)。 座席は右後方で幕間の衣裳着替え場所(舞台下手)から遠かったが、生の舞台のなんと近いことよ! やや年齢高め女性多しの客席で胸の高鳴りを抑えきれず待つ。

19:00開演、暗転。 闇。 何も無い舞台が一瞬で照明に輝くと、いきなりそこに"いる"イッセー尾形。 万雷の拍手から、一気に芝居に入ってしまう。 すべてを眼に焼き付けようと、一言も漏らさないようにと、まるで身体がなくなって感覚器官と意識だけのような感じになる。  人生初めての観劇で驚いたのは、舞台の空気。 映像からでも、一人芝居をするイッセーさん以外の人や物はそこに"在る""居る"ように見えるけれど、生の舞台だと、状況を切取った"空間そのもの"が感じられるのだ。 勿論観劇初体験ということもあるだろうが、だとすれば、それを感じられた初めての舞台が「イッセー尾形」であることは幸せだろうな。 2時間、全力を尽くして堪能した。 あらゆる種類の笑いが止まらなかった。 8ネタ+アンコールが終わり、カツラを取って拍手に応えている素のイッセーさんは、イノセントという言葉がぴったりだった。

余韻に浸り、公演のアンケートを埋めてホールを出る。 舞台を終えたばかりのイッセーさんが登場してサイン会に。 手拭いにサインしてもらい握手も。 間近で見るイッセーさんは、普通の柔らかな人だった。 何か声を掛けたくて「アラカワさんを現場に戻して下さい。」などとコアな事を言ったら、「はは(笑)、そうですね(笑顔)」と答えて下さった。 一緒に写真まで撮っていただいた。 "たっぷり"である。 帰宅して、全てをメモに書き出した。(写真) 翌日、アンケート用紙に書ききれなかった感想を森田オフィス宛に郵送した。 これだけ楽しめる自分であって良かった。 3月にまたDVD-BOXが出る。 今回のネタもいくつか収録されているという。 しゃぶりつくすように観るだろう。

tenugui :布巾(山藤章二画のプリント) :手拭い(イッセー尾形イラスト)にはサインをいただいた。 家宝。

  

isseimemo 再提出した自主アンケート(原本)と、メモ。 公演のネタについてブログ本文で書かなかったのは、コピー用紙に絵や図を交えて主観たっぷりに書いたため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/14

実験

ここで紹介した『jackass』にハマって、同じMTVの『punk'd』、jackassメンバーであるバム・マージェラの『VIVA LA BAM』やスティー・ヴォの『WILDBOYZ』を観まくった訳ですよ。 基本的に馬鹿が好きなんですね。 莫迦は愛しいし、バカは昔自分もやった。 でも馬鹿がいいのね、やっぱり。

で、日本にも馬鹿はいるもんです。 有名サイトだからご存知の方も多いだろう。 ただいま実験中!!です。 MTVとかと規模を較べるのは馬鹿馬鹿しい。 根は一緒。 細かい突っ込みも不可。 ただ、笑っていればいいのだ。 うん、好きだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/11

PRIMUS IP-MBL2

ここで書いたイワタニPRIMUS(プリムス)のIP-MBL2。 ネットでちょいと調べたら、すでに廃盤になっていた。 この10年程のアウトドアグッズには疎いのでびっくり。 せっかくブログがあるのだから、資料的に残しておこうというのが今日のエントリー。 

こいつを買ったのは西表島方面に行った時だったように思う。 ボンベが友人と共有できるのでPRIMUSを。 バーナー(コンロ)とランタンがジョイントしてコンパクトになる、ってのに惹かれてMBL2を選んだのだ。 単純だね。

bpl2外箱です。バーナー(コンロ)は2400kcal/hと今でも充分な出力。ランタンは80w相当。

作業や読書はLEDヘッドランプを多用するので、ランタンは誘虫・雰囲気用ですね。

おそらくバーナーとランタンをそれぞれ選び分ける人が多いから需要がなくなったんでしょうか。

気持ちはわかるけど、残してもいい一品です。

bpl2_1奥の黒いケースの中に収まります。 80mm×80mm×125mmで総重量415g(ケース込み)

左:上がバーナーで下が金属メッシュのランタン。ジョイント部で結合しています。

右:今は結合してますが、上がバーナー・下がランタン用のバルブです。

バーナー総重量178g、ランタン総重量140gでした。今でも遜色ない軽さ。

bpl2_3

ランタンです。 丁度いい大きさの灯りです。 ホヤはメタルメッシュでマントルAを使用。

テントを張ることは少なくなったけれど、それでも皆で集まってキャンプしたり、

野食したりするときには活躍してくれます。

メインランタンは伊那人のコールマンのガソリンランタンです。

bpl2_2 バーナー(コンロ)です。 四本の五徳は使用時に外側を向いて安定。

最近はハイカロリーバーナーが時流のようですが、ソロツールで2400kcal/hはなかなかでは?

ちょいと紅茶を飲んだり、炒めたり焼いたりには重宝します(部屋の中で湯豆腐も)。

コッヘルのPRIMS トレックセット+2 の中にガスボンベが入ります。

bpsc 大昔に懸賞で貰った、時代遅れの俺にとっては唯一のチタン製BE-PALのシェラカップ。

カップ、皿、お椀、パン、生き物観察になんでもこなす。自分が不精なだけなのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

ランタン

たぶん花村萬月は偏執狂だ。 ま、それはそれとして。

ダウン状態から少し上がったあたりで花村作品の中からロードノヴェルを読み、しばし現実逃避。 で、部屋を暗くして、引っ張り出してきたPURIMS IP-MBL2(廃盤)のガスランタンを点す。 ガスの無駄使いで誠に馬鹿馬鹿しいが、ま、それはそれとして。 なんとなく、この視力を悪化させる灯りは暖かい。 夏には鬱陶しいだろうが、今はそれが好ましい。 啓蟄あたりには、なんとか這い出せるだろうか。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »