« キック | トップページ | 芯ホルダー »

2006/01/22

定番文具

紙媒体が少なくなったとはいえ、一番使うのはボールペンである。 その黒色の色味・インクの粘度・グリップの書き心地から、ZEBRA の 『ジムノック』 を'96年頃から10年近く愛用している。 どこでも容易に入手できるがインクが切れたら芯だけ替えて、すでに数十本のインク切れ替え芯が転がっている。 このラバーグリップの曲線が、どうにも自分にピッタリなのだ。 これはあのDr.グリップも適わない、最強の事務用ボールペンである。 その使い心地から、シャープペンシルもジムノックの姉妹品である『ジムメカ』 で統一してある。 安いので、芯の硬度ごとに軸色を変えてあるほどだ。 学生時代から考えてみても、通算して一番長く愛用しているシャープペンシルとなった。 最近、ここで紹介した GRAPHLET 0.9mm にその座を脅かされているが。 それぞれのペン自体に対する愛着は薄いが(長年使用していても消耗品。壊れれば新しいのを買えるので)、このシリーズは自分の中では定番の文房具である。 いつの間にやら仲間も増えてしまった。(写真)  カテゴリに「文房具・画材」を追加。 このカテゴリは色々ネタがあるなぁ。 古い文具とか、他の定番文具とか、三菱鉛筆「BOXY」シリーズとか、筆入れの中身とか。

JIM左三本は自宅卓用ジムメカ。 左の青軸から順に、HB、2B、4B。

右下三本は事務仕事用。 上から、黒、赤のジムノック、2Bのジムメカ。

右上三本はストック。 上が最古のジムノック、真ん中は新品、下は新品のジムメカ・ケア。

|

« キック | トップページ | 芯ホルダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/8276121

この記事へのトラックバック一覧です: 定番文具:

« キック | トップページ | 芯ホルダー »