« 定番文具 | トップページ | ランタン »

2006/01/28

芯ホルダー

前回に続いて、筆記具のお話。  小学生の頃から、行きつけの文房具店の二階にある画材・製図用品売り場が好きだった。 値の張るモノを眺めて愉しんでいた。 芯ホルダーもその一つ。 シャープペンシル派だった自分には実際不要ではあったけど、心の片隅で物欲を刺激していたのだ。

さて、自分が芯ホルダー(写真上)、ステッドラー マルス テクニコ780-C を買ったのは、もう随分と前になる。 敬愛する安野光雅画伯が、『NHK教育:趣味百科「風景画を描く」』や、『NHK:原画で綴る"街道をゆく"~安野光雅~「本郷界隈~濃尾参州記」(平成10年10月7日放送)』で、あの大きな画板に青い芯ホルダーでスケッチしていたのを見てから。 んで、さっそく文房具店二階で、芯ホルダーの定番780を購入したのだ。 ああ、ミーハーなり物欲魂。 しかし手に取ってみると、やはり名器だけあり具合がいい。 鉛筆よりも適度に重さがあり、芯だけを芯研器で研げばよい。 なにより2mmという芯の太さがシャープペンシルには無い味がある。 自分は2Bの芯で鉛筆代わりに"書いたり""描いたり"していた。 STAEDTLERの芯はやや硬め。 uniの芯替えて使っている。 なんといってもこの青い軸は気分を乗せる。 結構重要だよね。(ちなみにネットで調べると、安野光雅氏のモノは Mars-Technico 782 で、今は廃番らしい。 実際に映像と見比べてもそのようだった。) 

それで昨年、新しいモノ好きの自分は二本目の芯ホルダーを手に入れる。 日本ステッドラーが発売した 925 25-20 (写真下)。 何よりコイツの売りは、芯ホルダーなのにノック式であるということ。 シャープペンシルの感覚なのだ。 780-Cと違い、硬質なシルバーボディが美しい。 絶妙の重量バランスで、持ったらそのままベストポジション。 グリップもしっかり効いていて抜群。 嬉々として愛用していた。 しかし、不満も少々。 これ、重いのだ。 自分の筆記具で一番重いかもしれないこの925は、手にとってそのまま描き続けるとなんだかどうも指先と拇指球が疲れるのだ。 たぶん、芯とボディの重量の配分が、自分の意識の中でズレて合わないのだと思う。 慣れれば問題無いと思うが、その前に 0.9mm芯のGRAPHLET に出会ってしまうのだ。 ペン自体の重さと芯の太さのバランスが自分にベストマッチしたのだ。 この一本のおかげで、シャープペンシルと鉛筆と芯ホルダーの座を奪い取ってしまった形になった。 しかし、芯ホルダーは、独自の個性を持つ。 もちろん今でもその独特の書き心地で、手を伸ばしている。

steadtler

|

« 定番文具 | トップページ | ランタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/8376596

この記事へのトラックバック一覧です: 芯ホルダー:

« 定番文具 | トップページ | ランタン »