« アゲハ | トップページ | 旅ノート »

2005/08/10

メモ用紙

文具が好き。 書くモノは楽しく色々集めるけど、書かれるモノはあまりこだらない(消耗品だから拘ると破産する)。 だから、メモ用紙は500枚300円の普通のコピー用紙から作る。 ミスコピー紙などを使い無駄にしない心がけも大切だけど、新品のA4用紙500枚300円を自由に使うのは、自分にとって、とても贅沢な気分にさせてくれるんだなぁ。 これは本当に物凄い安い贅沢だ。 作り方は簡単。 A4を二つ折にして切断すれば、絵や図を描くようなA5メモ用紙ができる。  さらに半分に切断すれば、ハガキ大A6のメモ用紙の完成だ。 ちなみに、KOKUY○のA6メモ用紙75枚綴50円を換算すると1枚0.67円。 これがコピー用紙をA6に切断すると500枚300円四等分として1枚0.15円。 市販のメモ用紙より紙質が良くてさらに四倍もお得という訳だ。 これはみんなに薦めたいなぁ。

切るモノ、切られるモノは年季が入っている。 カッターマットはまだ数年しか使ってないOLFAのA4サイズ(昔はグリーンのヤツを使ってました)。 カッターは、小5の時に買ったOLFAのアートナイフで20年選手(ロゴが古いネ)。 愛するOLFAのサイトはこちら。 定規は150mmのモノがシンワの直尺で、カッターと同時期購入で今でも活躍。 そして、最初の切断に必要な300mmの定規はメーカー不明。一番の長寿。叔父から引き継いだモノだから、40年は超えているだろう。多分、一生モノだ。(写真)

cutter

|

« アゲハ | トップページ | 旅ノート »

コメント

私も文具好きではありますが、コタツさんの文具への思い入れには頭が下がる思い。
お気に入りの文具って、毎日使うものだから、ホントに宝物ですよねー。

投稿: SHIN-PON | 2005/08/10 12:47

>しんちゃん
うんうん。 しんちゃんも「そのケ」があるから分かると思うけど、長年愛着のあるモノって、結局最高品位であったり最高デザインであったり、モノ自体が機能美を持ってるんだよね。 「OLFA」はそのTOPかな。「折る刃」。
商品名が文具自体を表す「ホチキス」「マジック」「サインペン」「セロテープ」などもあるね。 でも、目新しいそうで楽しそうなモノを色々試すのも大好きよ。(^_^)

投稿: コタツ | 2005/08/10 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/5391375

この記事へのトラックバック一覧です: メモ用紙:

« アゲハ | トップページ | 旅ノート »