« 消しゴム | トップページ | 『アメリ』 »

2005/08/29

ウルルン

いやいや観ましたよー。 コタツのファンである 唐橋充 さんが、本場カウアイ島でフラダンスを体験するというもの。 「フラ」ダンスだったのね。 初めて知りました。
普段の唐橋さんの人柄は、想像してた通りナチュラルで良いですね。 『仮面ライダーファイズ』では、彼にとってジャストな役柄であった事を実感しました。 『ドラゴン桜』は一回しか見てないぞ。 追いかけるだけがファンじゃないのだ。 カラハシンブン保存してるし。 いい歳してフォトブック買ったし。

自分が面白かったのは、彼が一番最初に体験したフラ・ダンスで、一般に知られているハワイアン・ダンスではなく、元々男性達だけの力強い舞踏で、「カヒコ」という古典のフラ。 イプヘケという瓢箪をくり抜いたような打楽器のリズムに合わせ踊る古式の神事。 しびれるぜ。 ニュージーランドのオールブラックスが試合の前にやるマオリの「HAKA」を連想させる。 ちょっと調べてみたら、古代ハワイはポリネシア先住民の単一国家であったことやマオリ族には複数部族それぞれのHAKAがあるようで、簡単に繋がりはしなかったものの、南太平洋の古い文化に少し遠い目。

唐橋さんのお師匠さんは、そんな貴重な文化を現代に受け継ぐドリック先生。 明るく大きく太い良い顔をした先生だ。 言葉もいい。 八重山諸島の黒島で出会った面白いおっちゃんにそっくりでびっくり。 人柄は顔に出る。

さて、彼の稽古。 最初は基礎の「カヒコ」。 神事であるから当然禊があり、入門式の後は二日の断食。 許されるのはタロイモをすって発酵させた「ポイ」というものだけ。 彼曰く「大和のり」。 俺も食ったぜ。 確かにそんな感じだ(笑)
そして現代フラ「アウアナ」の基本動作へ。 空腹と、伝統を正確に継ぐという事と、踊り自体の身体操作の難しさ(武術やってると結構分かるもんだね)に悪戦苦闘。 あの下半身の使い方はたまらんです。 一生懸命にステップを繰り返すも思い通りにならず。 能の足拍子にも似てるなぁ~などと、見ている方は気楽なもんですが、彼は実際にフラを人前で踊らなければならないのだ。

発表に先立ち、フラの生まれた聖地で「式」にのっとり奉納演舞を踏む。
ハワイの太陽の空の碧の下、石垣の結界の中でカヒコを踊る。
神聖な男達の舞踏に画面は透き通る。
神はただの岩だと云う。

いよいよ、舞台でフラの発表。 ショーの前、皆で輪になって、手を握り、祈りを捧げる。 

発表。 真剣にフラを踊る、唐橋充。

踊り終えて退場するが、すぐさま先生のもとへ。 教えてくれた先生や他のメンバーに対しての想いもある。 表現者として自分の思い描いた通りに力を出し切れなかった悔しさも。 涙。 しかし、先生は大満足だ。 踊りだけを教えていた訳ではないからね。

彼の稽古風景は懸命で真剣だったのだが、最後の悔し涙や別れの涙にも、どこか明るさがあった。 勿論、先生として生徒として仲間として家族として、短期間の間に培われたモノは彼らしか分からない。 しかし、先生や一緒に稽古をしてファミリーとなったハワイの仲間の明るさと、唐橋さんの持つ素敵な「軽み」のせいだろうか。 先生が最後に「サンシャイン」と言っていたのは心からの言葉だったのだろう。

素敵な番組でした。 初めてTV番組を見て長文を書きました(笑)  

|

« 消しゴム | トップページ | 『アメリ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119580/5693962

この記事へのトラックバック一覧です: ウルルン:

» [ 日々雑記 ] 出てた。 [SHIN-PON DIARY。]
昨晩の某番組に従弟K橋M氏が出演。 今まで脇役とかチョイ役とかの登場だったけど、ほぼ60分メインで出てるなんて初めてでないですか!? スゲーな。親戚一同喜んでおります(と、書くとイヤミっぽくて良いね♪)。 しっかりHDDに記録させていただきました。これからも頑張ってねー。 ... [続きを読む]

受信: 2005/08/30 08:28

« 消しゴム | トップページ | 『アメリ』 »